部屋探しをやろーってんだ

部屋探し、やるわ。「へえ」何?淡白な反応。「あまり貴女、有言実行出来る気がせん」随分信頼ねーのなぁ。「だって・・・。じゃ、どこか良い物件、見つかって?」

今からやろうと。「逃げね」はぁ?今日、妙に煽られまくり・・・何かやったっけ?「とにかく、部屋探しをやろーってんなら、協力は惜しまぬ」

え?「ん?」色々文句つけっから、見放されたと。「馬鹿ねぇ、妹の幸せを願わぬ姉が、存在する?当然、全力補助を」素直じゃありません事。

「ふん!で、条件は?」あー簡単よ、此処から近く、駅が近く、且つ家賃三万以内。「三・・・馬鹿?」ちょ・・・「無理、諦めなさい」

突然?部屋探しはまだよ「都心でその金額は、阿呆としか思えん」けど!友人が実際・・・。「訳あり物件?また、ルームシェア?否、きつきつ物置小屋なら多分」

うぅ。部屋探し、そこまで大変?「ちったぁ金額惜しまず、投資すれば?以後、ずっと住むのよ?」私、バイト暮らしだもん。貯金極小、あまり余裕が。「ふぅー、困ったわ」